たる掘り出し、黙々と運ぶ 東湖八坂神社で御味噌揚げ式

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
みそが入ったたるを掘り出す作業には、東湖小の男子児童も参加した

 国重要無形民俗文化財「東湖八坂神社の統人(とうにん)行事」の儀式の一つである御味噌揚(おみそあ)げ式が25日、秋田県潟上市天王の神社境内で行われた。天王地区の祭り当番2町内の氏子が、地中約3メートルで3カ月間熟成させたみそのたるを掘り出し、無言で神社から約200メートル離れた天王本郷自治会館に運んだ。

 統人行事は、7月7日に神社周辺と船越水道で行われる「牛乗り」「くも舞い」でクライマックスを迎える。

(全文 801 文字 / 残り 599 文字)

同じキーワードのイベント情報

秋田の最新ニュース